マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次

勝手に別の画面をロードしはじめるのは何? / クライアント・プル

どこもクリックしていないのに、しばらくすると別のURLにジャンプするページがある。 これは クライアント・プルという仕掛けで、何秒後にどこのURLにジャンプするかの 情報を一行HTMLに書き込むだけで簡単に実現できる。クライアント・プルに対応していないWWWブラウザーもあるので注意が必要だ。

ホームページにアクセスすると巨大な画像ファイルだけのページがお出迎えして、 クライアント・プルで本当の表紙までつぎつぎと誘導するページが多いが 回線が混んでいるときなどは非常にいらいらするので、 ぼくは個人的には好きではない。 またこういうページで誘導された後はWWWブラウザーのBACKボタンでうまく戻れなくなることもある。

URLを変更したときの案内のページに使われることも多い。引越し先のURLに自動的に誘導するためだ。その場合でもクライアント・プルに対応していないブラウザーのために、引越し先のURLへのリンクをしっかり書いておくべきだ。またわけが判らないうちに誘導されてはURLが変更になったこと自体に気が付いてもらえないことになるので、引っ越した旨のメッセージを読んでもらうくらいの秒数はあけるほうがよいだろう。

フレームで分割表示している画面のうち、例えば広告の欄を一定時間毎に更新するための手段としてもよく使われている。


マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次