マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次

著作権・マナーについて知りたい

インターネットにおける著作権の問題は専門家の間でも意見が定まっていない部分が多いながらも、ホームページを公開するということは、自らが作家となり編集者となり出版社となることを意味している。 当然、出版社が注意を払っているのと同じくらい著作権、肖像権などに気を遣う必要がある。 個人ホームページをもつということは、個人として直接社会と向き合うことを意味しているので、会社であれば法務部や広報部が処理してくれたことを自分でやらなければならない。 ホームページを公開するための技術的なことはどんどん簡単になってきているが、 こういう面の勉強もまた同時に必要になる。

インターネットが当たり前のメディアとして急速に普及するにつれて、古き良き時代に暗黙の了解で保たれてきた秩序も変化しつつある。 そうはいっても、古くからインターネットに関わってきた人たちが経験に基づいて積み上げてきたマナーやルールを知ることは、受け入れるにしても批判するにしても大いに役立つはずだ。


マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次