マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次

自分でサーバを作りたい / イントラネット

インターネットに専用線で繋がっている環境があればWWWサーバを作るのは思うより簡単にできるものだ。社内向けのWWWサーバなら手近なパソコンで簡単に作るのも面白い。最近はこういうのをイントラネットというらしい。以下、TCP/IPでLANに繋がっている環境を前提にすすめる。

WindowsでWWWサーバを作る

Windows3.1/95/NTで動くWWWサーバ・ソフトはインストールが簡単だ。ワープロソフトをインストールするみたいに簡単にセットアップできる。しかも多くのソフトがバックグラウンドでこっそり動作する小さいプログラムなので、自分のパソコンをWWWサーバとして使いながら普通に他のソフトを使うこともできる。WWWを実現するための仕組みは実のところとてもシンプルなのだ。CGIを作り込んだりしようと思うといろいろと面倒なことがあるが、HTMLを公開するだけならあっけなくできてしまう。

最近のWindows用WWWサーバ・ソフトはマイクロソフトやネットスケープも参入してきて賑やかになってきた。代表的なものはWindows95.comWeb Server Toolsでも探すことができる。

Windows95/NT用

Windows3.1用

UNIX とWindows NT のどちらを使う?

UNIXとWindows NT のどちらがWWWサーバとして優れているかを論じると宗教論争に巻き込まれそうだが、事情によってはUNIX よりもWindows NT を使う方が明らかに便利な場合もでてくる。例えば、Windows NT上の Microsoft SQL Server に既に基幹データが格納されている場合、Windows NT上のWWWサーバとのほうが連動させやすい。Microsoft SQL Server のUNIX用クライアントが正式には存在しないからだ。EXCELのデータを連動させたい場合もCGIの中からOLEやDDEを使えるNTのほうが便利だ。このようにインターネットと異なりイントラネットの場合には既存のシステム環境に合わせて柔軟にWWWサーバを使い分けることによって作りやすくなる。WWWサーバは運営がそれほど複雑なシステムではないので、目的に応じてOSやWWWソフトが混在しても構わないのではないかと思う。

既存のシステム環境とかの都合がなければ、もちろんどちらか技術的に既に知識をもっているほうを選ぶほうが望ましい。どちらがより初心者向けかといえばWindows NT に違いないだろう。一方いろいろ高度なことをやるためのノウハウがインターネットに蓄積されているのはUNIXの方だ。例えばperlで書かれたCGIプログラムはperlによるCGIさえサポートされていればNT上のWWWサーバでも使うことができるが、もともとUNIX用に書かれているものがほとんどなので、改行コードの違いや外部コマンドの実行をする部分で若干の修正が必要になったりする。

Windows NT/95のWWWサーバを本格的に使う - CGI,DBMS連動など

最近のWindows用の高性能WWWサーバソフトならばUNIXと同じようにperlスクリプトでCGIを作ることができる。もちろんあらかじめperlを入手する必要がある。Windows95/NTの場合、Perl for win32 が定番だ。このようなUNIXと同じ仕様のCGIのことを一般的には標準CGI、Standard CGI と呼んでいるようだ。仕様にそっていればperlである必要はなく、C言語で作られたフリーのWindows用CGIプログラムも多く公開されている。

標準CGIの他に、多くのWindows用WWWサーバではWindows CGI(WinCGI)という仕様を持っている。WinCGIの場合、CGIプログラムは一般的にVisual Basic で作る。Visual Basic4.0 ではDBMSへのアクセス機能が充実しているので、ODBC、Jet Engine を利用すればMicrosoft Access のデータベースからメインフレームやUNIX上の本格的なDBMSサーバまで簡単にアクセスして加工してリプライを返す仕組みを作ることができる。

PC UNIX でWWWサーバを作る

お金持ちならばSunとかHPのマシンを買って、Netscapeとかの高いWWWサーバをインストールすればよいと思う。SunやHPがPC UNIX より優れているからではなくて、SIベンダーのサポートを*若干*受けやすいのではないかと思うからだ。お金はないけれど技術力には自信がある場合にはFreeBSDやLinuxなどのフリーのPC UNIX をベースにApache などのこれまたフリーなWWWサーバを使うのが良いだろう。フリーだから怪しいとか性能が劣るということは全然ない。むしろ大勢のボランティアに支えられて常に改善やバグ対応が続けられて先進的なシステムに仕上がっている。ApacheはWWWサーバソフトで最大シェア(参考:Netcraft Web Server Survey)を獲得しているほどだ。かなり有名なサイトでもPC UNIX は多く使われている。ひとつのRISCマシンで大量のアクセスを処理するよりは、多数のPCで負荷を分散させる方が高速な場合もある。ハードの値段を考えるとPCのほうが圧倒的に有利といえる。特に古いパソコンを再利用するのにPC-UNIXは最適だろう。

MacintoshでWWWサーバを作る

企業ならこういうの使う方が手っ取り早いかも

イントラネット


マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次