マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次

HTML、入門、参考書

参考書

ホームページはHTMLというフォーマットで書くわけだが、ぼくはWWW上のHTML入門ページよりも何か本を買うことをお勧めする。むかしは本がなかったから、しかたなくオンラインのHTML入門ページを探したもんだけど。だって、オンラインで勉強していたら電話代がたまらないでしょう。(ダイヤルアップユーザーは)

HTMLエディター

最近はHTMLを自動的に作ることができるソフトがたくさんでてきた。しかし生成されるHTMLはいまいち標準的ではないものが多いのが問題だ。他のブラウザーや違う解像度のマシンで見比べて、自分が使っているエディターの特色・問題点を把握しておこう。またスペースや日本語を含んだファイル名のHTMLを作ってしまいがちなので注意しよう。

ワープロ・ソフトでは Microsoft WORD一太郎の最近のバージョンではHTML生成機能をサポートしているようだ。

HTMLで表をかくのはものすごく面倒くさいが、表計算ソフトの Microsoft EXCEL の最近のバージョンではHTMLを生成できるそうだ。

データベースで加工したデータをHTMLで発表したいという状況はとくにイントラネットでは多いと思うが、データベースソフトの Microsoft ACCESS もやはりHTMLをつくる機能があるらしい。

ワープロではないが、HTML専用のエディタがある。最新の Netscape NavigatorMicrosoft FrontPage などが代表的だが、他にもいろいろな製品やオンライン・ソフトなどがある。

それでもなお面倒くさいというむきには、必要項目を入力したらホームページを自動作成してくれるところもある。

HTML生成ソフトなんかに頼らずあくまで自力で書く、という人も最低限テキスト・エディタは必要になる。マックな人向けには、こんなかわりだねの方法もあるみたいだ。

総合ホームページ作成おたすけサイト

よくある間違い

自分のパソコンでうまく見えたからといって安心してはだめだ。他のブラウザーやパソコンで自分のページをみてびっくり。ページがぐちゃぐちゃ、リンクがめちゃめちゃ。自分のパソコンでは奇麗に見えるのになんで??

それは標準的なHTMLを使ってないからなのだ。違うブラウザ、違う解像度、できれば違うバージョンのブラウザ、違うマシンで見てみよう。うまく書かないとNNとIEではテーブルやフレームの見え方が違う。IEでみてくれ、とかNetscapeの最新版でみてくれなきゃヤダったって、それはたくさんの読者を敵にまわして逃げられちゃうだけのことだ。こういう記述をかっこいいと思っている人が案外たくさんいるけどそれは勘違い。

URLの書き方もただアクセスできればいいというものではない。HTTP Tips を参考にどうぞ。


マイ・ホームページへの道 / キーワード別の目次 / 逆引き・しりたいこと別の目次